スポンサーサイト

スポンサー広告

TB(-) | CO(-) *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

2016年

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 


新年明けましておめでとうございます。

今年も、仕事に空手に全力疾走で頑張って行く所存です。

みんな、頑張ろうぜ(^^)

本年もよろしくお願い致します(^^)





▲PageTop

  • 11:02 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

今年もお世話になりました

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 


怒涛の2015年が終わろうとしてます(^^)

私にとっては楽しく素敵な一年でした。来年も更に素晴らしい年になる様、また頑張ります(^^)

関係各位の皆様、一年間お世話になりありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください(^^)




iPhoneから送信

▲PageTop

  • 23:14 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

全日本チャンピオンシップ

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 

名古屋のチャンピオンシップが終了し、それまでの稽古での想いをフェイスブックには書いたのだが、ブログにも書いたつもりでいたが、なんと・・・書いてなかった。今更ながら・・・フェイスブックから転記する・・・すみません。


『名古屋での全日本チャンピオンシップが終了した。入賞者も何名かでたが、詳細はホームページに譲るとして、自分の想いを綴ってみたい。

9月22日の全福島大会で、門馬道場の高校生・一般の部の不甲斐なさに落胆した。
それは、選手達の勝とうとする気持ちの足りない事に対する苛立ちは勿論だが、指導者として結果の出る様に稽古を導いてやれなかった事に対する情けなさや、苛立ちの方が遥かに大きい。

あれから2ヶ月、一般稽古終了後、中・高生の居残り組は、体力作りは勿論のこと打たせ稽古から技術面まで、たった週2回ではあるが、私と一緒に夜の11時過ぎまでやって今回のチャンピオンシップに望んだ。
結果、高校生女子の綾は準優勝したが、後のメンバーは入賞者なし。

情けない・・・と、前回までなら思っていただろうが今回は違う。
良く頑張った。私は彼らを誇りに思う。学生という学業が本分である彼らが、夜中までわめきながら一緒に稽古した2ヶ月を私は誰よりも良く知っている。

こんなに大会に向けて真剣に稽古したのは初めてだろう。でも、たった2ヶ月で結果か出るほど甘い世界ではないし、そんな底の浅い空手なら青春を懸けて取り組む価値もない。
大会では、不動のチャンピオン達が、彼らに勝負の厳しさを存分に教えてくれた。彼らも必死に食い下がった。私は試合を見ながら彼らとの2ヶ月間を思い出して、応援より涙を堪えるのに必死だった。

素晴らしい試合だった。次に繋がる試合だ。次の3ヶ月、次の1年、次の3年・・・と、まだまだ先のある彼らが、どこまで強くなるか私は、イヤ、彼らも楽しみだろう。今だけ強くても、空手をあきらめてしまったらそこで終わりだ。
空手を通して学んだ大切な事。それが彼らの心の中にある限り、彼らの成長は止まらない。
努力しても報われるとは限らない。だが、報われた人間は必ず努力している。

そこには自分さえ良ければという、自分本位の想いだけでは決して成し得ない不思議な感覚が人生にはある。
相手を思い遣る気持ち、共に幸せになろうとする心が大切である。相手を蹴落としても自分が幸せになる訳ではない。
道場での日常は正にその通り。道場訓の如くである。

大会に出る直前の稽古日と、終わった直後の稽古は決して休むな、這ってでも来いと私は常々言っているが、それは、師範・先生・先輩・同輩・後輩はもとより、応援して声を懸けてくれた保護者の皆様に、「今日まで有難うございました。頑張って来ます。」や、「応援有難うございました。結果はこうでした。」と言える位の心遣いがない人間に、人生の幸せなどやって来ないと思うからである。

今回、私と一緒に居残りしてきた彼らは、そういう経験を沢山して来た。彼らは、他人から信用・信頼され社会に必要な人間になる事は間違いない。

空手道で学ぶ大切な事。それをちゃんと理解しながら、来週からまた一緒に居残り頑張るか〜(^^;;』


以上、遅くなりましたが、大会でお世話になりました長谷川範士はじめ長谷川道場の皆様、素晴らしい大会を有難う御座いました。

▲PageTop

  • 12:09 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

社会に活かせる空手

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 

相変わらず仕事に追われる毎日である。かといって、稽古を休む訳にもいかず、本当に下手な芸能人や政治家より忙しい(^^;;
これから忘年会シーズンに突入すると思うと、先が思いやられ気ばかり焦る。

毎日がそんな状態であるから、あまり他人の事など気にならない。
会社も道場も順風満帆、毎日が充実しているし、こんなに恵まれた環境に心から感謝している次第。

まー、そんな私でもたまには腹に据えかねる事もある(^^;;

先日、ある方から電話を頂いたが、どこそこの誰々と誰々は門馬道場に対して妬みやっかみが凄いですねーと笑って教えてくれた。

別に教えてくれなくていいのに〜(^^;;
と思ったが、まー聞けば聞いたなりに対処も出来るから有り難い事ではあるが、この誰々は前々からわかっていたし、ネットなどに書き込むか裏でコソコソ悪口言う位しか出来ない小物で、シッポは掴んであるのだが今のところは放置している。

しかし、大石範士がよく言われる事だが、他所の道場がなくなっても、自分の道場が潤う訳ではないと言う事。
増して、そんな負のエネルギーばかりに満ち溢れていたら、絶対一般社会生活は立ち行かない筈である。
要するに、決まり文句であるが、人の事を妬み僻んで気にしている暇があるならもっと仕事や稽古に精を出せ、と言う事だ。この世知辛い時代にそんなところにエネルギーばっかり費やしたら、まともな生活など叶うべくもない。
現に、こういう輩に共通しているのは、仕事も道場も殆ど上手く行っておらず、弁明だけは一丁前であり、現実は社会生活さえまともに成り立っていない筈である。

ちなみに、自分の道場の先生を観察してみたら良い。自分の持論ばかりを展開し、自慢はするわ人の悪口ばかり言う割には生徒も殆どおらず、あまり仕事もしないから貧乏で、一般社会に殆ど適合出来ていない程の変わり者の先生なら、そんな道場すぐ辞めた方が良い。
そんな道場にいたら、生徒までもが社会知らずになってしまうし、空手を頑張ったらバカになったなんて事になってしまう(^^;;

社会で活かせる空手・・・稽古をしっかり積み上げ結果を残したが、でもバカでは困るし、そんなんじゃやがて空手道場なんか廃れて行く。稽古をしっかり積み上げ結果を残し、だからこそみんなから信用・信頼され社会に通用する人になること、それが門馬道場の目指す社会で活きる空手です。

門馬道場、まだまだ頑張ります(^^)

▲PageTop

  • 15:08 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

アメリカサマーキャンプ、その1

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 

7月30日、成田空港第1ターミナルに1時半集合。Wi-Fiを借り、手続きを済ませ、ドルとユーロに両替をしてから食事。橋本先生と二人でカツ丼を食べる。成田空港16時55分発のデルタ航空、約12時間のフライトでデトロイト空港に着いた。ここでの乗り換え時間は4時間以上あるのでのんびり待っていたら、バーリントン空港行きの飛行機が、何かのトラブルで1時間40分遅れとの事。流石に時間を持て余し、仕方なく空港内のバーでバーボンを飲んで待つ。

デトロイト空港にて待つこと合計約6時間、21時41分にようやく飛び立ち現地時間23時頃バーリントン空港着。トム・フリン師範と奥様のトニー・フリン先生、弟子のライアン・レイマンが迎えに来てくれる。約1時間高速道路を車で走り、12時頃モリスビルにあるトム師範の自宅に着いた。これから1週間泊めて頂く部屋に案内され、荷物を置くとすぐに現地のビールで乾杯。しかし、流石に疲れており1時間位でシャワーも浴びずに寝る。

31日、朝はゆっくりさせて貰ったおかげで5時間位だが寝れた。シャワーを浴び、朝食を頂き、午前中は広い敷地に一面に張りつめてある芝生の庭で、ハンモックで寝たりゲームしたりでのんびりする。午後は昼食後、道場や合宿所を見学させて貰い、その帰り、トム師範が酒店でバーボンとスコッチを買う。
自宅に戻り、庭でビールを飲んでくつろいだ後、夕飯は家の中でスコッチを飲みながらステーキをたらふく食べる。夕食後、トム師範と世界大会のミーティングになるが、次の日は朝6時45分にリビングに集合と早いので、話しも早めに切り上げシャワーも浴びずにベッドに入る。ところが時差ぼけか、全く眠れなかった。

8月1日、朝食を済ませ8時より稽古開始。アメリカ・カナダの総極真は元より、新極真会、清武会・・・など他派閥も含めほぼ大人が50名位の参加。最初から私が指導を任せられた。日本と同じように、準備運動から基本20本ずつと進むが、前蹴上げで皆んなついてこれなくなる。私の号令が早すぎたのか、普段からあまり本数をやっていないのかわからないが、仕方がないので、途中から顔面カバーの膝蹴りや内回しなどに切り替え、説明を交えながらじっくりと行う。水分補給後、前屈の移動を行うがこれもあまり出来ていないので、その場前屈からの逆突きを行う。その後は、騎馬立ち下段払いから前屈逆突きの移動稽古を行い、ここで一部終了。

二部は橋本先生の準備運動から始まり、橋本先生が移動稽古を行う。水分補給後再び私が担当で、型、太極そのⅠ、そのⅢと、平安そのⅡの他トム師範の要望でナイハンチを行う。

三部の稽古も私が担当する。ダイナミックストレッチから始まり、ナイハンチの復習の後、ナイハンチの分解稽古を行う。三部の稽古予定は当初よりセルフディフェンスと言うことなので関節技を幾つか私が指導する。

終了後、夕方から50人位でバーベキュー。たらふく食べたらふく飲むが、途中雨が降ってきて早目にあがる。暫しベッドで横になっていたらうたた寝してしまった。疲れているのでそのまま寝ようと思い、またもやシャワーも浴びず早目にベッドに入るがまるっきり眠れない。

つづく・・・

▲PageTop

  • 13:11 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

««

Menu

プロフィール

TomoyukiMonma

Author:TomoyukiMonma
詳細は 門馬道場HP

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。