思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

全福島入賞祝賀会

   9月の全福島大会が終了し、ホッとする間もなく演武会が目白押し。なんか、もう年の瀬が近い様な・・・アッという間に時は過ぎて行く。

 そんな中、10月23日に矢吹の「ホテルニュー日活」で、全福島大会の「県南地区合同入賞祝賀会」が後援会主催で、約100名にて盛大に開催された。県南地区合同であるから100名は多いのか少ないのかと言えば、少ないのかもしれないが・・・本当に必死に頑張っている子供達や、一般の道場生を心から祝福してあげようとする、心ある方達が集まってくれた。当日は、事務局の考案でサプライズな催しがたくさんあり、とても楽しかったが、何とか私を泣かそうとする策略もあったりで、最後にはついに私もその策略にはまり、思わず涙してしまった。やられた~・・・。

 何事もそうであるが、頑張っている人を励まし、認め、目標とし、そして自分も励まされる。そんな環境を当たり前の様に作ってくれる道場生、保護者会、後援会の方達に感謝である。そして、これこそが武道教育に通じるものと自負する。
 ともすると、仲間が頑張っているのを、俺には関係ない等と知らん顔をする人や、それこそ妬みや中傷等、負の感情しか抱かない人もいるが、そんな方々は、是非真の武道を通じ、心を鍛えて欲しい。祝賀会の挨拶でも述べたが「武道とは奉仕の精神」である。この意味がわからないと誤解されてしまうが・・・例えば、道場行事や演武会、大会や合宿等々、全く協力も参加もしない人がいるとした時、そんな人に「奉仕の精神」強いては「武道精神」の理解などは望むべくもない。しかし、理解出来ないのなら説明してあげれば済む事だが、もしかしたら、自分本位のスポーツジムにでも通っている様なつもりになり、そのうち、今流行の「モンスター何とやら」の如く「何で月謝払って道場掃除しなくちゃならないの」なんていう輩が出てくるかもしれない。もちろん、そんな時は道場であれば辞めて貰えば良いだけの話だが、問題はその輩が、一般社会でも同じ様な立場になるのは、火を見るより明らかである。本当にそんな日がやってくるかもしれない。恐ろしい・・・どうする日本。

 ちなみに・・・祝賀会はこの後も、郡山地区「ホテルはまつ」、福島地区、会津地区と続く。♪11月は祝賀会で酒が飲めるぞ~酒が飲める、飲めるぞ~酒が飲めるぞ~♪・・・古い・・・汗。

 そして・・・明日は会津新格闘術の福島県大会。私は、明後日に北海道大会があるため、明日北海道に旅立つので残念ながら会津は行けないが、出場する選手達は是非頑張ってきて欲しい。おそらく、イヤ、間違いなく県内最強の道場は新格闘術・・・その主催大会に挑戦する極真の選手は門馬道場のみである。必ず良い経験になり、その選手達が、やがては打倒新格闘術の一番手になるかもしれない。もちろん、北海道の大会も各派のチャンピオン揃いの激戦区。7名の戦士がいざ北海道へ・・・そしてこの選手達も、やがては打倒北海道を叶える選手に成長していくであろう。
 
 ダイヤモンドはダイヤモンドでしか、人は人でしか磨かれない。切磋琢磨である。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。