思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

4月を振り返り・・・

   4月26日は総裁の命日。総本部で三峰神社の宮司様により、14年祭が厳かに執り行われた。色々な想いがあるため、この件に関しては後日改めて書こうと思う。

 さて、前回に引き続き、4月の行事、雑感をまとめて書きたいと思う。
4月に入り、1、2日と仙台出張。美味しいお酒と牛タンに舌鼓を打つ。次の日、仙台から車で会津若松に直行、6月から会津道場としてスタートする会津アピオの施設契約をしたが、その施設関係者の門馬道場に対する、理解の深さにただ感謝するばかりである。最も、そのご縁を作ってくれたのは、私の敬愛する目黒様である。本当に目黒様には心より感謝したい。

 3日、郡山南ロータリークラブで卓話。青少年の健全育成について30分間、私なりの持論を話してきた。会場には70名程いたろうか・・・しかし、年配の方が多いので私ごときハナタレ小僧の話は、さぞ、生意気に聞こえたかもしれない。少しだけ心配である。

 5,6日は仙台でSAQトレーニングレベル2の講習会。相変わらず私が最年長オヤジだが、若い子達に混じって一所懸命頑張った。吉田コーチの相変わらずのオヤジギャグは、完全に私のオヤジ度を凌駕していた。本当に愛すべき殿下である。その日は泊まる予定は無かったのだが、急遽予定を変更・・・吉田コーチと仙台の街に繰り出したのは言うまでも無い。

  8,9日は富山県へ・・・名前はあえて伏せるが、マークンと二人、車で4時間。私は助手席だったが、マークンは行きも帰りも運転手。しかも、夜はホタルイカを摘みに楽しい宴が真夜中まで続き・・・更に次の朝・・・マークンには悪いのですが、私は午後4時までいわきに出張で行かなければならず、朝9時半にはホテルを出発。本当にお疲れ様でした。そして、ご馳走様でした。

 午後2時に自宅に帰り、仕事の準備をし4時にいわきへ。滞りなく打ち合わせが終わったが、担当者と久しぶりにと言う事で、小宴会・・・もちろんその夜はいわきで宿泊。しかし・・・連夜の酒のため、流石に美味しいとは思わなかったが、久しぶりに会った方との話はとても楽しかった。

 12日、門馬道場保護者会の総会、そして懇親会。いつも思うのだが、門馬道場に大事な子供を預けてくれている親御さん達・・・子供達は、厳しい稽古に耐え、時には先生に叱られ、時には友達と喧嘩して泣き、審査会や試合で痛い思いをし、それでも結果を残せずまた泣き・・・そんな我が子の姿を、常に正面から見つめ続けている。かと言って決して過保護ではなく、一切子供に対して甘い部分は見せないし、私達指導する側も色々と試行錯誤をしながら指導に当たっている訳で、当然、親御さんから見てじれったい部分もあるだろうが、それを一切口に出す事さえせず、全幅の信頼の下協力して頂いている。
 私は保護者の方々と話すたびに思うのだが、教育委員会や学校が、何も、声を大にして青少年育成を叫ばなくても、門馬道場の親御さんみたいな方達こそが正に、地域における真の健全育成実践者であると思う。我が子の為ばかりではなく、他の全ての子供達の為に、口ではなく行動を起こす。もちろんそこには、何の見返りも求めず、本当に道場に来ている子供達の将来の為だけである。よく他のスポーツ団体の方から話を聞くのだが・・・他の団体では殆どがみんな自分の都合ばかりで、他人などお構いなし、「何でうちの子だけあーなの、こーなの・・・」挙句の果てに、いつも親同士が集まって指導者の悪口を言っているとか・・・正に「モンスターペアレンツ」だと嘆いていた。
 有難いことに、門馬道場には所謂「モンスターペアレンツ」はおらず、本当に地域の子供達の為に真剣な方達ばかりである。この日の保護者会では、いつもより多くの方とお話が出来たが、やはり門馬道場に寄せる期待の大きさをひしひしと感じた。今後も、保護者会との会話を重ね、期待に応えるべく、私達指導する側も真剣に武道教育に取り組まなければならない。

 13日は矢吹の大池桜祭りの演武会があったが、ほぼ同じ時間帯に、白河の小峰城祭りの演武会も依頼されていた。声を掛けていただくのは有難い事であるし、今後の活動にも結び付く様にと、矢吹80名、白河40名に分かれ両会場で演武会を行った。終了後は恒例の大池公園での花見・・・白河からも一部の方々が合流した。ここでも保護者の方々が200人分の「カレーうどん」を振る舞ってくれた。本当に有難い事である。

 そして、20日の「チャレンジカップ白河」。なんと保護者会からは30名を越えるスタッフ協力。やや道場毎に人数のバラつきはあるものの、黄色いTシャツに身を包み、キビキビと大会を進行させて行く様は、とても頼もしく思えた。門馬道場だけで230名の出場者・・・三面コートだった為、入り乱れた中での試合進行は大変だったと思うが、殆んど問題なく無事終了。心から感謝申し上げます。
 試合の内容として、午前中の型の部は本当に素晴らしいの一言。少年上級で優勝した祐伍、準優勝の愛美の型は全日本に行っても充分通用するだろう。また、一般中級で優勝した沙織の型も重厚で素晴らしかった。忙しい中での稽古は大変だったろうが、継続は力なりを証明してくれた。
 組手においては、皆それぞれ想いも反省もあるだろうが、勝ったり負けたり、その中できっと掴んだものがある筈。イヤ、その為に大会があるんだと言っても過言ではない。ただ・・・あえて言うならば、一般や壮年部の組手においては、あまりに力対力のぶつかり合いが多すぎた。技を施す事無く、全てを力でねじ伏せようとする様は、武道空手には程遠い。今後の研鑽を願う。

 それから・・・反省点として・・・決勝まで残って仲間を応援しない選手(少年部)がかなりいた。多分、親御さんの意思で、自分の子供は負けてしまったので、仲間が頑張っていることなど気にもとめず、さっさと帰ってしまったのかと思うが、特別な用事がない限り、閉会式まで自分の子供に見させ、「来年はあの場所で表彰される様に頑張ろうな」の言葉でも掛けてあげるのが教育ではないのか・・・。中には遠方の福島道場からスタッフとして参加協力し、最後の掃除まで残っていた保護者の方もいた。そういう姿はちゃんと子供も見ている。子供達の為に、皆で頑張った手作りの大会である。
 自分だけ良ければ、人の都合はどうでも良いのかと思われても仕方が無い人は確かにいる。会場客席には、食べ終えた弁当の容器が多数散乱していた。もちろんそれを片付け処分するのはスタッフである。こういう心無い人が、門馬道場の関係者でないことを祈るばかりである。また今回、入賞しているにも係わらず、こぞって帰ってしまった道場もあった。これらは子供の意思ではなく、親の都合だと思うが、技を教えて心を教えずで、本末転倒にならない様に、指導員も含め猛省を促したい。
 もう一点・・・経験が乏しいのはわからないでもないが、必死に戦っている選手に失礼の無いジャッジが出来る様に、審判技術の向上も急務である。

 その他、色々な反省点はある・・・しかし、保護者会のスタッフの頑張りが、色んな問題点をカバーしてくれた。次回こそは、最高傑作の大会にしたいと思う。もちろん、素晴らしい仲間達と力を出し合って、また、美味しい酒で乾杯出来るように・・・。



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。