思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

ワールドカップ・・最終

   朝9時起床、10時から朝食を摂る。さて、いよいよ最終日だ。今回のオーストラリア遠征、唯一の自由行動の日。当然、海に行かなけりゃ話にならない。朝食後、まずは海水浴・・・の前に砂浜で撮影をした。空手衣をまとった怪しい4人が、はしゃぎながら海に向って蹴りや突きを繰り出している・・・海水浴客にはどう写ったろうか・・・でも、そこに居る人達と二度と会う事は無いし、まっ、いいかって感じだ。暫し撮影をした後、ようやく海へ・・・アキラと義和師範と自分がまず泳ぐ。菜穂、奈美コンビがまだ来ない・・・つーか、この二人水着持って来てない・・・。「お前な~若い女性がオーストラリアに来るのに、水着持たないで空手衣だけ持ってくるか、普通・・・」とかぶつぶつ言ってると、一応半ズボン(バミューダと言ったら笑われた・・・)は持ってきたらしく二人とも海に入ってきた。と・・・間もなく、怪しい車が近付いて来て、何やらスピーカーでがなりたてている。あっ・・・ここは遊泳禁止区域・・・パトロール車だ。慌てて海から出て、平身低頭しながら、荷物抱えて200メートル程移動。やっと落ち着いて泳げるぞ~。波は荒いが、水は凄い綺麗だ。砂浜も真っ白で、おがくずみたいな砂。宮古島に行った時を思い出した。女性二人は水着じゃないが、大きい波に飲まれて頭から全身ビショビショ。ついでに、波に転がされてズボンもTシャツも脱げそう。お前な~・・・。しかし、考えてみると、彼女達が道場に入門してからもう9年程経つ。でも、空手着姿ばかりで、おまけに二人ともスカートを履かないので、素脚を見た事が無い。(二人とも、そんな筈は無い、何回も脚出してますよ・・と言ってるが・・覚えてないっちゅうの・・)でも、今回はちゃんと見させて頂きました。とても・・・で・・・な脚でした。30分位の短い時間だと思うが、思いっきり波と戯れ、とても楽しかった。

 一時ごろホテルに帰り、皆でショッピングセンターへ。そして、帰りは遊園地へ・・・。ここで凄い乗り物に遭遇。両側の高いタワーの天辺から、タワー中間の地面まで、ちょうど“M”の字みたいな形で下から引っ張り、一瞬にしてロケットみたいに垂直に上がって、上がるだけ上がったら落ちてくる。そんな信じられない乗り物に・・・皆乗ろうか、乗らまいか迷っている。意味不明・・・。そして、なんと、アキラと義和師範が乗った。発射する前からアキラは涙目、義和師範は平然・・・と思ったが、発射と同時に思いっきり悲鳴。続いて、菜穂、奈美コンビが・・・。ギャー・・と言うより$%#$%&$$&*+&%・・・何を言ってるかわからない。だから止めとけばいいのに・・・。じゃ、帰ろう・・・と思ったら、なんか様子が変。「次は師範の番です。アレ、やらないんですか?」って・・・。俺は高所恐怖症なの。押入れの上の段でも足がすくむ。屋根なんか当然立って歩けない。だから、この信じられない乗り物に乗る、乗らない等と、悩む必要が全く無い、つーか悩む人の気が知れない。そんな訳で、颯爽と出口に向って歩いて行ったが、後ろから異様な気が体全体に感じられた。何と思われても、ならぬものはならぬ・・・高所の恐怖を味わうよりは、冷たい視線に晒された方がどんなに楽か・・・。

 最後の晩餐・・・博多の長浜ラーメン・・これが旨い。多分オーストラリアに来て、ステーキの次に旨かった。そしてハードロックカフェでカクテルを飲み、ホテルへと帰った。帰り道、街中がハロウィンで盛り上がっていたが、私達は今回、遠くから見るだけに留まった。いよいよオーストラリアともお別れ。朝方三時半にはホテルを出発だ。皆で別れを惜しむように一時位まで飲んだ。

 一睡もしないで、飛行機へ。帰りはガラガラで、足を延ばせて眠れそう。静かに目を閉じながら、また来たいと強く思った。疲れた遠征だったけど、結果も残せたし、色んな人達とも出会った。日本に留まらず、世界を歩くっていいもんだ。実は・・ダグ師範と約束している。来年の7月はニュージーランドの大会に行くと・・・。行けたらいいな~。空手・・・万国共通・・。空手・・・万歳・・。極真空手をやってて本当に良かったな~・・・。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。