思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

ワールドカップ・・最終の前

   さてさて、キャメロン師範の道場に着き、中を見回す。懐かしい昔の写真が一杯壁に張ってある。道場を一周して全ての写真に目を通す。そして、着替えて稽古・・・今日からオーストラリア国内の支部長達のサマーキャンプらしく支部長達が10名程居たろうか・・そして日本人が義和師範と釘嶋師範と私、そして菜穂ちゃんと奈美ちゃん、ニュージーランドのダグ師範、後はそこの道場の指導員達・・合計30名程か。紹介が終わりいよいよ稽古突入。準備体操・・ダグ師範が行うが、1964年に総本部に来た時の方法を今でも続けているとの事。殆ど同じではあるが、微妙に難しい。そして基本・・こちらは順番も何も変わらない。しかし、時間がもったいないらしく、正拳中段突きから全て20本づつノンストップ。そして最後は前蹴上げを560本。前蹴りなら1000本蹴った事は幾度とあるが、前蹴上げは、果たして・・・。でもこれも実を言うと、最初キャメロン師範は280本と言っていたので、私は前蹴上げをやりながら数えていた。しかし・・・やはりアバウト・・・280本過ぎても終わらない。ま、まさか・・・案の定最後までいきました。それから、寝技の稽古。突きを受けて、腕ひしぎ逆十字に極めるまでの反復。こっちは朝食も抜き、前の日は紹興酒、おまけに寝不足、全ての稽古が終わった頃は午後一時を回ってました。喉が渇いて、腹が減って、身体もダルイ・・ときたもんだ。カツ丼喰いて~。しかし、昼食を食べに行った先は・・・サブウエィ・・・私は腹が空いてたので一番デカイサンドイッチを食べましたが、ナント菜穂ちゃんと奈美ちゃんも同じ物を頼みやがった・・・。喰えるか?でも後で聞いたら二人とも、サブウエィってオーストラリアにしかないと思って、記念だからと無理して喰った模様・・・。義和師範が「池袋駅周辺だけでも4~5軒ありますよ」と笑って言うと、菜穂ちゃん曰く「でも中身は違いますよね・・・」義和師範「同じです」とキッパリ。菜穂ちゃん「でも、キャベツとかはオーストラリアのじゃないですか?」義和師範「・・・・・」。

 ホテルに戻ると、皆でお土産を買いに街へ。詳細は避けるが、釘嶋師範、ここでも愛すべきキャラクターを発揮してくれ、爆笑しながらの楽しい買い物でした。夜は皆で居酒屋へ。久しぶりの日本食だ・・・と言っても3~4日ぶりだが・・・しかし、あまり美味しくは無い。まっ、海外で食べる日本食はこんなもんだろうと思いながら、日本酒を頼んで呑んだ。んっ?水?なんじゃこりゃ~。釘嶋師範も呑んでたので「これ日本酒の味しませんよね?」と聞いたら「あっ、そう言われればそうですね。焼酎かと思って呑んでました」と笑った。私がすかさず「あっ、焼酎頼んだんですか?」と聞くと「いや、日本酒です」「・・・・・」一同大爆笑。私はキッチリ店員さんに言って、原液の日本酒に交換してもらいました。どうやら、殆どが水だったようです。こんな感じだったので、ホテルへ帰る途中、なんとなく小腹が空いた様な気がして、皆でコンビニでカップヌードルを買いました。釘嶋師範が一足先に明日帰るので、名残惜しかったのもあって、また私の部屋で呑みました。楽しい時間を暫し過ごした後、いよいよ釘嶋師範とはお別れです。ドアの前で固い握手をし、「また、日本で会いましょう。気を付けて帰って下さい」とお別れの挨拶をして、ふと部屋を見たら、あれ程買ったお土産や、荷物が私の部屋へ・・・。「釘嶋師範~」と呼んで、「お土産いらないのですか?」と聞いたら一同大爆笑。再び握手して、両脇に荷物を抱えた釘嶋師範・・・お辞儀しながら、エレベーターと反対方向に帰って行きました・・・。無事日本に帰れるだろうか・・・。つづく・・。


*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。