FC2ブログ

Article

        
category - 押忍

門馬智幸の日常・・・支部長合宿編

2019/ 12/ 04
                 
門馬智幸の日常・・・支部長合宿編

11月30日から二日間、静岡大石道場の本部にて支部長合宿が行われました。

私は20年以上前から、大石範士とはマンツーマンで何度か稽古をつけて頂いておりますが、今回は特に緊張感のある稽古でした。

今回の合宿は、初めての方も居ますので、極真体操から基本稽古を説明を交えながら教えて頂きました。大山総裁が仰っていた注意点を踏まえながら、当時の総本部と同じ稽古内容。

しかし…基本稽古終了後の型…
型をあんなに連続で、しかも緊張感の中で真剣にやったのは久しぶりです。
10年以上前の私の昇段審査の時、昔の師範始め、キャメロン師範達の立ち合いの下、型をやりましたが、太極その一から足技太極、平安の裏から五十四歩まで31種類の型を前後左右と方向を変え4回ずつで、都合124回。4時間以上かかったと記憶しています。

今回は、型の時間こそ3時間程度でしたが、太極や平安は数回ずつだったものの、上位の型になると段々回数が増えていき、観空になると連続十数回、5分の休憩を挟んでまた五十四歩を十数回。
しかも、大石範士がずっと睨んでるので、その一回一回は全く手を抜けない。

二日目の稽古も、延々と型の繰り返し…
私はかなりキツかったですが、他の師範・先生方はどうだったんだろう?

一応辛かったとは言ってたけど…顔はみんな余裕に見えましたが(^^;;

夜の食事会も含め、とにかく充実した合宿でした。終了後の世界大会の打ち合わせも、皆んな気持ちが一つになった気がしますし、世界大会大成功間違いなしと確信しました(^^)
20191204155329106.jpeg
20191204155350ebe.jpeg
2019120415540424e.jpeg