思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

アメリカサマーキャンプ、その1

  7月30日、成田空港第1ターミナルに1時半集合。Wi-Fiを借り、手続きを済ませ、ドルとユーロに両替をしてから食事。橋本先生と二人でカツ丼を食べる。成田空港16時55分発のデルタ航空、約12時間のフライトでデトロイト空港に着いた。ここでの乗り換え時間は4時間以上あるのでのんびり待っていたら、バーリントン空港行きの飛行機が、何かのトラブルで1時間40分遅れとの事。流石に時間を持て余し、仕方なく空港内のバーでバーボンを飲んで待つ。

デトロイト空港にて待つこと合計約6時間、21時41分にようやく飛び立ち現地時間23時頃バーリントン空港着。トム・フリン師範と奥様のトニー・フリン先生、弟子のライアン・レイマンが迎えに来てくれる。約1時間高速道路を車で走り、12時頃モリスビルにあるトム師範の自宅に着いた。これから1週間泊めて頂く部屋に案内され、荷物を置くとすぐに現地のビールで乾杯。しかし、流石に疲れており1時間位でシャワーも浴びずに寝る。

31日、朝はゆっくりさせて貰ったおかげで5時間位だが寝れた。シャワーを浴び、朝食を頂き、午前中は広い敷地に一面に張りつめてある芝生の庭で、ハンモックで寝たりゲームしたりでのんびりする。午後は昼食後、道場や合宿所を見学させて貰い、その帰り、トム師範が酒店でバーボンとスコッチを買う。
自宅に戻り、庭でビールを飲んでくつろいだ後、夕飯は家の中でスコッチを飲みながらステーキをたらふく食べる。夕食後、トム師範と世界大会のミーティングになるが、次の日は朝6時45分にリビングに集合と早いので、話しも早めに切り上げシャワーも浴びずにベッドに入る。ところが時差ぼけか、全く眠れなかった。

8月1日、朝食を済ませ8時より稽古開始。アメリカ・カナダの総極真は元より、新極真会、清武会・・・など他派閥も含めほぼ大人が50名位の参加。最初から私が指導を任せられた。日本と同じように、準備運動から基本20本ずつと進むが、前蹴上げで皆んなついてこれなくなる。私の号令が早すぎたのか、普段からあまり本数をやっていないのかわからないが、仕方がないので、途中から顔面カバーの膝蹴りや内回しなどに切り替え、説明を交えながらじっくりと行う。水分補給後、前屈の移動を行うがこれもあまり出来ていないので、その場前屈からの逆突きを行う。その後は、騎馬立ち下段払いから前屈逆突きの移動稽古を行い、ここで一部終了。

二部は橋本先生の準備運動から始まり、橋本先生が移動稽古を行う。水分補給後再び私が担当で、型、太極そのⅠ、そのⅢと、平安そのⅡの他トム師範の要望でナイハンチを行う。

三部の稽古も私が担当する。ダイナミックストレッチから始まり、ナイハンチの復習の後、ナイハンチの分解稽古を行う。三部の稽古予定は当初よりセルフディフェンスと言うことなので関節技を幾つか私が指導する。

終了後、夕方から50人位でバーベキュー。たらふく食べたらふく飲むが、途中雨が降ってきて早目にあがる。暫しベッドで横になっていたらうたた寝してしまった。疲れているのでそのまま寝ようと思い、またもやシャワーも浴びず早目にベッドに入るがまるっきり眠れない。

つづく・・・



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。