思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

想い・・・再考

   ここ最近、門馬道場のホームページや、私のブログへのアクセス数が一気に上がっている。もちろん原因は例の連合の騒動の件であるのだろうが・・・だから、私がここで何かを書けばまた誰かが反応して騒ぎが大きくなるだろう。

 でも、あるブログで嘘つき呼ばわりされるのではたまったものではないから、真実を明らかにしたいのだが、言った言わないの話になると不毛の論議になるので、携帯にメールでも残っていないかなと、昔のFOMA SH901iSと、F905iを充電してみた。そうしたら平成18年の2月18日の初メールから、加盟し退会するまでのやり取りが百通以上全部残っていた。また、私が付けている日記からも、その方と初めてお会いしたのは平成16年4月25日、総裁の10周忌に前所属道場の師範と小野寺師範、増田師範代、その他数名で伺った時であった事を思い出した。その後、平成17年9月1日、増田師範代と一緒にお会いしてから、それ以降何度かお会いしているが、メール交換する様になったのはこの半年後からである。このメールを読んでいると、当時の様子を懐かしく思い出されるが、今後は時系列で整理し、必要とあらば頂いていたメールをここで公開するか、別の所で真実を証明する必要があるのかもしれない。

 前組織を退会したのは既に4年前である。何故今頃になってこの騒動が起きたのか、大石師範や私を落とし入れているのは誰なのか、誰と誰が結託して今回の騒動を引き起こしたのか、名前は分かっている。小野寺師範が亡くなられて、大石師範が後見人になってくれる筈だったのを妨害するために横やりを入れた方々である。その方々はもちろん私と大石師範をも引き裂こうと画策した。その腐った連中とある人が今年4月、手を結んだようである。敵の敵は味方なのか・・・。

 先日の道場に届いた文書に引き続き、本日、門馬道場の放映をしてくれているテレビ局に「怪文書」が届いたと、局の方から呆れて笑いながらではあったが連絡があった。おそらく掲示板等に毎回ゴチャゴチャ書き込んでいる福島県在住の彼だろうが、ここまで来ると法的手続きを取らざるを得ない。本来、相手にもしたくない奴だが、私も一道場を構えている以上、降りかかる火の粉は払わなければならない。

 しかし、他人を妬み僻んでいても何も始まらないではないか。自分の稽古、自分の道場にもっと力を注ぐべきだと思うが如何だろうか・・・。

追伸
 大石師範始め、柴田師範、長澤師範、北海道高橋師範、そして盟友である奥田師範などなど、各々のブログ等を読んで涙が出ました。嬉しかったです。有難う御座います。審査会後、指導員一同これらの話になり、感謝するとともにより一層結束が固まりました。また色々な成り行きを知っている保護者の方々のお言葉も有難かったです。これからも門馬道場、不当な圧力に負けず頑張って行きますので宜しくお願い致します。


                           つづく・・・



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。