思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

もうすぐ全福島・・・なのに・・・

   死んでしまう程忙しいのだが・・・

 違う言い方をすれば、毎日充実している訳で・・・私をよく知る人などは「幸せだよな」等と言う。確かに幸せかもしれないけれど、それなりに苦労もあるんだって・・・。


 ウェイトトレーニングのせいか、ずっと右肩が痛かった。かかりつけの接骨院に行ったら、「五十肩ですね」と言われた。「イヤ、五十肩じゃなくてウェイトトレーニングやったので痛めたと思うんですけど・・・」と抵抗したら、「そういう何かのきっかけで肩が痛くなるのも五十肩と言うんです。」と、きっぱり言われて少しへこんだ。

 「ウェイトトレーニングは暫くやらない様に。」と言われたが、そんな訳にもいかず、加圧ベルトを巻いて60㎏のバーベルでベンチプレスを20回5セットだけにした。加圧トレーニングはかなり効くが何故か重いのをやらないと満足しない。物足りなさを感じながらも、しかし肩の調子が悪いので我慢するが、それでも一応オールアウトするし、胸の張りもまあまあなので暫く続けていた。


 二ヶ月もした頃か、気が付いたらいつの間にか右肩が治っていた。早速、ベンチも重いものにし、どうにか125㎏迄いった。と、喜んでいた矢先、右足脛の皮下に血腫ができる。痛くてベンチプレスで踏ん張れないし、歩く事もままならない。あちこち病院に行くがあまり原因がわからない。足がむくんでパンパンだ。組手も出来なくなったし当然ミットもサンドバッグも蹴れない。悶々とした日が一ヶ月以上続いた。それでも気を取り直して「昔怪我した右膝が悪いから今は休めという事なのかな・・・」と考え、左足だけの稽古に重点を置いたその日の夜、蹴りを30発位蹴った頃、左足ハムスト筋にプチッという音と共に激痛が走る。「やっちまった、肉離れだ・・・」過去に何度も経験しているのですぐわかる。絶望・・・。
 それからまた一ケ月間はテーピングやらサポーターを巻いて、何とか日常生活は過ごす。そんなこんなで稽古は突きに集中しようと再びベンチプレスを始めたら・・・なんと今度は左肩が痛い。これには参った。寝返りも打てないし、立って腕をぶら下げているだけでも痛い。おまけに無理して行った手技だけの組手でまたしても古傷の右手親指亜脱臼。満身創痍・・・。


 そんな中、先日は北海道大会に行って来た。4日間、高橋師範始め石川先生、市川師範代や原先生、安藤先生、久保先生、そして帰りに帯広から千歳まで送ってくれた野中先生、皆様本当に有難う御座いました。そして長谷川師範、大石師範お疲れ様でした。御一緒できてとても楽しかったです。

 
 今週はいよいよ福島県大会です。長谷川師範、大石師範、藤原敏男会長、そして中国からはゴン・ハン師範、徳島から定本師範、北海道から高橋師範、野中先生、兵庫から西岡先生、東京からは井上館長や新津先生、埼玉から橋本先生、協会からは松井宣治師範や長谷川一之師範、中嶋師範、市塚師範、もちろん大会協力委員会の奥田師範、釘嶋師範、鈴木先生も来てくれます。実に招待審判だけで33名。ウェルカムパーティも賑やかになりそうです。

 翌日17日は午後2時より長谷川師範のセミナー、夕方6時からは矢吹町文化センターで映画上映会。門馬道場として出演した初めての映画「リトルウィング~3月の子供達~」です。全国上映に先駆けての一発目です。俳優さん達が来て舞台挨拶もありますし演武も行います。今回は全員特別招待として無料ですので、お誘いあわせの上、是非いらして下さい。長谷川師範達も観て行きます。


 そんなこんなで忙しい中でのブログ更新でした。夜はまだまだ長い。これからまだまだ仕事します。あしからず・・・。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。