思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

2012年の決意

   新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 さて、未曽有の大災害に見舞われた2011年も明け、夢と希望に満ちた2012年の幕開けである。昨年は30日に一人で稽古納めをした。今年は・・・毎年恒例の一人元旦稽古は出来なかったが、これも年頭から忙しくて充実していた証拠である。昨日の稽古では良い感じで動けているし、明日からの冬季合宿では良い稽古が出来そうである。総勢190名、2泊3日の辛い稽古ではあるが、最高級の温泉「ホテル華の湯」での合宿、頑張ろう。今年は正月早々気合いはバッチリである。

 思えば昨年は、思い描いた事が殆ど出来なかった。今年こそやる。将来の事に不安がないと言ったら嘘になる。しかし・・・「未来のために今を犠牲にしない」つまり、一日一日を精一杯生きる。頑張る。それが今年のテーマだ。心配しても、不安がっても、一日は一日。どうせこの福島の地で生きて行くのだ。思いっきり生きてやる。

 最後に・・・大石師範の空手日記を見てて、素晴らしい言葉に出会った。大石師範は、昨年ある脳科学の先生の講演会を拝聴し、その時心に残った言葉が、「リーダーになる人はその前に多くの失敗をしておく事。」だそうであるが、それらの想いを綴った日記の内容に感動した。御本人より了解を頂いたのでここに転載させて頂きます。

「皆さんはどんな新年を迎えたでしょうか。日本人である限り、被災地の人達の事を思う気持と、一日も早い復興を願う気持が、一日たりとも消える事は無い。そして、私達も、近い将来必ず来ると言われている巨大地震という大自然の脅威と、向かい合って生きていく覚悟を持たねばならない。
 そんな中で、それぞれが固く決意し、胸に秘めたものがあるかと思います。それらが成就する様に、影ながら祈っております。私も、胸に秘めたものがあるので、それに向かって努力精進を致してまいります。
 

 この日記を読んでいる人達の大半は私より年令が若いかと思います。若いという事は、それだけで素晴らしい事かと思います。挫折、失敗、敗北、それらが、全て血となり肉となり、骨となって返ってくるからです。私の財産は、皆さんより年を重ねているので、より多くそれらの事を経験している事です。」


 日記の内容は大震災からの復興を祈念しながら、こういう言葉において励ましてくれる事に本当に暖かい優しさと素晴らしいセンスを感じる。

そして最後の言葉・・・

 「空手の道を志して良かった事は、常に向上心を持ち続ける事が出来る事。そして、一生青春でいられる事です。」


 まさに我が意を得たり。
 今年は向上心を持って、思いっきり青春を謳歌したい。そう願わずにはいられない新年です。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。