思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

長谷川一幸師範テクニカルセミナー

   私も今年は40代最後の年になるが、そのケジメとして、実は今年ある大会に出場しようと思っていた。それは某有名流派の「全日本空手道選手権大会」もちろん一般無差別の組手である。主催する代表の方にも出場の内諾を得ており、関係者の何人かの方々にも既に宣言し、稽古もそれなりにこなして来た。出場申し込み書も届き、後は記入して送付するだけだったが、しかし・・・どうしても大会に出場する事が出来なくなってしまった。期待して応援してくれていた皆様、期待に応えられずすみませんでした。来年こそは・・・この心のモチベーションをまた一年保って行きたいと思います。
 
 そんな訳で、心の緊張の糸が「プツッ」と切れた感があり、何となく虚ろな日々が続いたが、そんな時、「長谷川一幸師範テクニカルセミナー」のため名古屋に行って来た。
 11日は4人で名古屋入り。着くと同時位に長谷川師範より連絡を頂き、一行は長谷川師範のマンションへ・・・そこで話しているうちに、いつの間にか「テクニカルセミナー」が始まった。3時間程のセミナー?を終え、長谷川師範と夕飯を食べに行く。と言ってもお酒を飲みながら深夜まで空手談義が尽きる事はない。

 12日は主に指導者に対しての内容。とにかく的確な説明で、私としても「気付き」が沢山あり、とても勉強になった。終了後の懇親会も色んな方との交流が出来てとても有意義であった。が・・・懇親会終了後、またも長谷川師範にお呼びして頂き、深夜まで延々と空手談義・・・もちろんあの人達(Sさん、Nさん)も一緒であるが、締めのラーメンを食べる頃にはみんな疲れてヘロへロであった。
 飲み過ぎ、食べ過ぎ、寝不足と三拍子そろった13日、重い身体を引きずりセミナー参加。この日は主に選手に対する稽古。30名を超える選手クラスだが、中には世界や全日本クラスの選手もおり、全員総あたりのスパーリング。私も中に入りたいと言ったら、長谷川師範に「年寄りはすっこんどれ」と一笑に付され、看取り役にまわったが・・・結果、入んなくて良かったと胸を撫で下ろした。それでも、北海道高橋師範や奥田師範などともスパーリングが出来た事は本当に楽しかった。特に奥田師範とは昔を思い出しながら、多分二人とも「悦」に入りながら何度も拳を交えた。

 とにかく、勉強になった3日間であった。道場に帰って来てすぐ復習、道場生に伝えたのは言うまでもない。
 
 長谷川師範、何から何までお気遣い頂き有難う御座いました。次のセミナーも是非また参加したいと思います。                                             
                                           押忍!

         



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。