思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

謹賀新年・・・回想

   明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
昨年後半は、仕事やら忘年会やらその他諸々、用事が怒涛の如く押し寄せてきて、一体何やってんだかわからない位に忙しかった。年が明けて、特段環境に変化があった訳ではないが、新年を迎えた訳だし、気分一新でブログをしたためてみた。

 とは言っても、昨年後半の行事については殆ど書いていないので、昨年の回想だが・・・。

 第5回全福島空手道選手権大会が終わった翌々日の9月22日、埼玉県の草加市で木村靖彦先生の初の主催大会に審判として出席。全福島が終わったばかりなので門馬道場の選手は誰も出場しなかったが・・・印象としては、JKJOの選手達が相当数出場しており、初の大会とは思えない位の高レベル。

 翌週からは、郡山、矢吹、西郷、会津とお祭りラッシュで、その会場での演武会。子供達中心の演武会だが、演武会にいつも出てくる子は、「今日は僕(私)がやりた~い」と率先して手を挙げ、試し割りや型、組手等を臆することなく観衆の前で堂々と行う。子供にとって、この「経験」は素晴らしい機会だと思うのだが・・・しかし、せっかくのチャンスも引っ込み思案の子は(いや、親か?)演武会に出た事がない人も多い。親御さんによっては、演武会の度に足を運びカメラを撮りながら、我が子の成長を確信して目を細める人もいれば、そういうチャンスがあっても一歩前へ踏み出せず、それなのによその子供より強くなって欲しいと願う欲張りな人もいる。でも、子供の頃は特に、親が背中を押してあげ、常にはじめの一歩を踏み出す事を教えてあげなければ、本当の強さなど掴める筈がない。生き抜くと言う事は「挑戦」の連続であるし、それをイヤというほど経験している私達大人が、今の子供達に真剣に伝えなくてはならない事だと思う。よその子供より「努力や苦労」をさせない我が子が、よその子以上になる筈がない。
 一所懸命頑張る人には素晴らしい人生がある。そこそこ頑張る人にはそこそこの人生しか与えられない。一事が万事である。

 10月10日は神奈川県大会。門馬道場からは45人出場。先の埼玉と同じく、JKJOや大阪のグラチャンの入賞者が多く出場していた為、高レベルな試合が多かったが、我門馬道場から沢山の入賞者が出た。ここでもやはり、いつも大会に挑戦し続け常に「努力」している子は、殆どが型か組手のどちらかに入賞した。子供達の成績についての詳細はホームページに譲るが、中学生組手では1年から3年の混合だったが石井祐伍が1年生ながら見事優勝。女子組手では加藤久美子が準優勝、古川ひのが3位。一般では、梅宮弘樹と吉田正一が何と「型」の部門に出たが・・・正一が優勝。何でこいつらが型なのかと思ったら、「型も大会に出て経験してみないと教えられないから・・・」だと一丁前に言うが・・・まっ、その分一般組手では昭弘がエントリーし見事準優勝してくれた。

 11月1日、郡山カルチャーパークで審査会。今回は佐藤奈美子と太田和夫の昇段予備審査。基本から移動、型、柔軟、逆立ち歩行、体力、そして指導と、一通り見たが・・・まあ仮合格。残すは2月の10人組手と、10人組手より大変な筆記試験だ。果たして結果は・・・。

 15日は会津新格闘術の福島県大会。相変わらず、稽古を頑張っている子は入賞したが、特筆すべきはTV「あきらめない心」で紹介された、古川3兄弟がそろって入賞。素晴らしい事である。また、一般組手では藤井政典が優勝したが・・・決して褒められた内容ではない。今後尚一層の奮起を願う。しかし・・・今回は新潟の強豪「理心館」も参戦してきた。益々勝ち上がるのが難しくなってきたが、今年こそは新格闘術の大会で門馬道場から半数位入賞者を出したい。昨年はやっと3分の1位の入賞か・・・しかし、良きライバル達に感謝である。

 27日は大石道場で型の合同稽古。大石最高師範、柴田師範、狩野先生と私、岩崎、佐藤の6名。得るものが沢山あった。稽古終了後、みんなでの食事会での会話も楽しく刺激を頂いた。そして翌日、大石師範のお車で富士山の麓を一周・・・とても充実した2日間、本当にお世話になりました。

 12月6日は、千葉カラテグランプリ。500名を超える素晴らしい大会である。少年部の組手レベルは最高峰とも言える位高い。我門馬道場からは35名程の出場申し込みをしたが、インフルエンザや怪我で数名が欠場。大会関係者の方々にはご迷惑をかけてしまった。試合結果は優勝者を含め3名が入賞したが、特筆すべきは八巻颯馬。KOでの一本勝ち等、決勝まで危なげなく勝ち上がり優勝した。福島県大会では、いつもあと一歩の所で入賞出来なかったが、今後益々成長が期待される。

 11日、後楽園ホールで藤原敏男先生の「藤原祭り」に行く。身近で見たキックの試合にかなり刺激されたが、藤原先生の七色の髪がもっと刺激的だった。余談だが、私の斜め前に座っていた田代まさしさんを、試合よりも気になってずっと見ていた私はただのミーハーだった・・・。

 その後は忘年会ラッシュ。合計32回・・・過去最多。忘年会の話など、ただの飲み会なのでブログに書く程の事ではないが、書かねばならない忘年会もある。12月19日・・・悪魔の忘年会・・・場所は新宿歌舞伎町・・・メンバーは山本小鉄先生、萩原幸之助先生、鈴木稔先生はじめ錚々たる方々十数名?ン?二十数名?あまりに多過ぎてよく把握出来なかったが・・・それでも朝方4時半まで叫んでいた。誰が誰やら、何が何やらよくわからない。結局、ホテルに着いたのは朝の5時・・・30分程彷徨っていたらしい・・・そして歌舞伎町の路上にて地産地消、25年振りにリバース・・・勿体無い。この復讐は必ず近いうちによろしく哀愁・・・。


 皮肉な事に、忘年会ラッシュで道場稽古があまり出来なくて、自主トレがメインとなったお蔭で、膝がすこぶる調子良い。今年の元旦、二日とみっちり稽古した。そして、今日も稽古。とにかく、やる気に燃える2010年である。

 本年もどうぞ宜しくオメガトライブ。なんか最後は萩さん調・・・あしからず。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。