思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

気負い、慢心

   「勝って驕らず、負けて腐らず」。私が道場生にいつも言って聞かせてる言葉ですが、いざ、自分の事になると心が波立ちます。私もまだまだ、修行が足りません。昨日は居合の試合、デビュー戦、惨敗しました。理由は・・・型を間違え、力み、あせり、動揺・・・しかし、そこに至るまでの経緯として「自分は勝たなければ、自分なら勝てる筈」という、稽古に裏打ちされていない思い込みや自信、いわゆる「気負い、慢心」がありました。そして、全てに総括して言えるのが、結局のところ「稽古不足」。

 思えば、空手でも・・・まだ極真の県大会が無い頃、デビュー戦で県の交流試合に出場し、何回戦目かに中段下突きで一本負けした事があります。あの時も「気負い、慢心」があり、そして「稽古不足」でした。凄く落ち込んだのを覚えていますが、あれから20年以上も経っているのに、違う競技とはいえ何やってるんだか・・・。昨日も結構落ち込みました。心がまだまだ成長してないのかな・・・。応援してくれてた皆、ありがとね!

 しか~し、今度こそはこの経験を必ずや空手に活かします。今迄は、こと空手に関しては、組手も型もかなりセンスがあると思っていたのですが(自身過剰・・・です。ハイ)鋳型に制限された本来の型をうつ時、そして理合いを体現する時、自分はいかに動けないか・・・体の運用が、いかに未熟か思い知らされました。チョットサボっていた朝稽古も今日からまた開始しました。極真空手を修行している者にとって、幾つになっても「稽古不足」が一番恥ずべき事ですから・・・。もちろん稽古不足と言うより、稽古をしていない人の方が問題ですが・・・(いるんだよな~これが)。
ともかく、また頑張るぞー!!!


*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。