思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

会津演武と強化稽古を終えて・・・

   福島県大会を二週間後に控えた9月6日の日曜日、午前中は会津若松市「アピオスペース」にて、2万人を越えるイベント「アピオフェスティバル」での二回の演武会。まだ会津道場は人数も少なく、演武会の盛り上がりに不安もあったが、他地区からの応援のお蔭で、50名を超す大演武会となった。ご協力頂いたみんな、本当に有り難う。
 演武会が終了し、屋台の美味しいものを腹一杯食べた後は、郡山富田道場へ直行し、千葉の奥田道場と組手の強化稽古を行った。二時間半、コンビネーション、ミット、腹打ち、補強稽古からスパーリングまで殆ど休憩無く、身体を動かしながらも、奥田先生の理に叶った精神論や技術論が合間合間に入る。大会に臨む選手20数名の眼は、一言一句聞き洩らすまいと常に真剣そのものであり、大変有意義な稽古であった。
 私個人的には、奥田先生とスパーリングとまでは行かなかったが、何年か振りに腹と胸をど突き合えたのが一番嬉しかった。あのデカイ手の感触が蘇る・・・この次の機会には是非スパーリングをしましょう。お手柔らかに。
 終わってからは、勿論お酒を交えての親睦会。奥田先生がそうである様に、道場生も普段から寡黙な感じがするインテリジェンスな筈が・・・じぇんじぇん違う・・・特にケント・・・君はお酒と○○が好きなんだな・・・本当に楽しい面々である。また、機会を作りたいが、今度は泊まりで○○へGo・・・。
 
 そもそも、奥田先生と私はかなり古くからの知り合いではあるが、急接近したのは2000年7月の参段の昇段審査からではないだろうか・・・。奥田先生の空手に惹かれていた私は、当時お世話になっていたA師範にお願いし、参段昇段を千葉県で受審させて頂いたのである。ボロボロになるのを覚悟し、入院するかもしれないと、女房と子供を引き連れ、ホテルも二泊分予約し臨んだ審査会。基本から連続組手まで、倒れる位まで追い込まれ本当にきつかったが、何とか終了した後、奥田先生と二人っきりで食事をしながら、空手談義をした事が今でも懐かしい。それ以来、本当に今日までとても良いお付き合いをさせて頂いている。そして・・・何十年後になるかわからないが、お互い杖をつきながら、その杖を武器にしながら杖術をし、最終的には、素手で殴り合いをしている様な気がする。嬉しい限りではあるが・・・そうならない様に、軌道修正していった方がいいのかも・・・。

 翌週の13日は、仙台で「ポイント&KOルール」の大会が有り、来賓として招待された。この大会、来賓は佐藤塾の佐藤勝昭塾長、新極真の佐藤俊和師範、全空連阿部塾の阿部良樹塾長、そして私・・・。恐縮し切りだったが、仕方がない。一日中、佐藤勝昭塾長の隣でお話しさせて頂いた。
 本来、翌20日は門馬道場主催の「全福島空手道選手権大会」があり準備等忙しかったので、辞退させて頂くつもりだったが、佐藤塾長から電話が有り「是非来てくれ。何とか頼みますよ。」で、私「押忍」で決まっちゃいました。でも、とても良い大会だったし、行って良かった。おまけに・・・代表のお二方は十数年前、私に教えて貰った事があるとか・・・覚えてなくて大変失礼してしまったが、不思議な縁を感じました。

 さて、次回は「全福島空手道選手権大会」の事を書きますが・・・勿論既に大会は終わり結果は出ています。大波乱・・・千葉田中道場「千葉カラテグランプリ」一般上級無差別三連覇の後藤選手は・・・福島県前年優勝の梅宮選手は・・・。乞うご期待。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。