思考伝聞

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

押忍

達人 佐藤嘉道先生

   6月4・5日、佐藤嘉道先生が、門馬道場に太氣拳の指導に来て下さった。その日は矢吹の本部道場の一般稽古日で、女性や中学生等も普通におり、ちっちゃいおじいちゃん(佐藤先生すみません・・・)が前に出て指導している姿に戸惑ったかもしれない。しかし、指導が始まると、その小さい身体が巧みに蛇の様に動く・・・これが「達人」の動き。過去に私は、佐藤先生とマンツーマンで何度も稽古をつけて頂いているが、基本的に道場生には太氣拳をあまり教えた事がなかった。その理由は二つあり、一つは、太氣拳の基本である立禅や揺、這の段階では、佐藤先生の動きを正確に伝えないと「空手の型」みたいに「伝言ゲーム」で意味のないものになってしまう事を危惧したのと、二つ目は、私自身が取り組んできた立禅から練などの成果が、実際の組手に活きているかを、なかなか実感出来なかった事にある。自分が実感出来ないものを、安易に教えても時間の無駄だと思っていた。

 太氣拳の立禅や揺や這の稽古は、空手の型稽古に似ている。刺激に対し素早く反応し、そしてどんな動きの中でも、常に理想的な身体の形を維持する、つまり形状記憶体になるためだ。ところが、空手の型もそうだが、段々に身体の癖が出てきたり、勝手な解釈をし始めて形が崩れ、鋳型に嵌らなくなる。それでも「型の意義は分解組手にある」などと言い出し、元々体育的に創作された平安の型に、無理矢理分解組手をこじつけたり、挙句の果てに現代の競技空手にその技が使える等と吹聴した暁には、組手稽古もしなくなり、型は上手いが組手は弱い黒帯が誕生する。当然その黒帯の体たらくは少年部にも伝播し、それで試合に出るからコロコロ負ける。
 だから型は無駄だと言いたい訳ではない。型をやるなら、まずは自分の身体を、必要であればいつでも鋳型に嵌める事が出来る身体能力を体得する事。その中で得た、ぶれない軸や重心を、戦いの中で自在に操れる事。そして、その事を実感として組手に活かせている人に型を習う事。全ての型がそうだとは言わないし、古流の型はまた違った身体操作があるのだろうが、少なくとも体育的に作られた「極真の型」を修練するなら、その意識は最低限必要だと思う。

 佐藤先生の太氣拳は、そこの所が明確である。空手の型の様に、組手とかけ離れていないし、一部の方達の様に「気」とか「宇宙」とか怪しい事は言わない。とても実戦的である。しかし、残念ながら佐藤先生のあの技術は簡単には身に付かない。それどころか、佐藤先生曰く、「俺なんか一生かかっても澤井先生みたいにはなれないな・・・」などと言う言葉をお聞きすると益々へこむ・・・。その日も夜7時から10時半まで稽古をつけて頂き、夜中の2時まで武道談義。次の日は、朝から午後1時までマンツーマンで教えて頂き、お昼はソバを食べながら再び武道談義・・・それでも、まだまだ教えて頂きたい事が山ほどある。
 
 本当に「達人」である。



*Edit   
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。