FC2ブログ

2021年01月

        
category - 押忍

講士館 長谷川一之先生

2021/ 01/ 27
                 
東日本大震災の時、部屋の本棚が全部倒れ、ベッドの上に散乱した本を片付けようとした時、一冊の本が目に止まった。講士館の長谷川一之先生の「カラテ狂時代」である。何年か振りに食い入るように読んだ。
読み終えた後、早く空手を再開したいと奮い立ち、震災を乗り越えようと勇気を頂いた。

長谷川先生とは、10年以上も前から一緒にお酒を飲んだり、カラオケに行ったり、光栄にも良いお付き合いをさせて頂いている。一世を風靡したその足技は憧れであり、空手談義に必ず花が咲く。

今回、私が出版した本を謹呈させて頂いた所、光栄にもメッセージを頂いた。本人の許可を得たので、私の記録用にも転記したい。

「御著書拝読させて頂きました。読み始めてからは一気でした。読みやすく理解しやすい文章で前半は大変面白かったです。後半は思わずページの端を折り込み、自分の今後の支えにしようと思う文が多く、気がつけば折り込みだらけになるほど勉強になりました。ただの空手バカには書けない知識と経験。それを武道教育に昇華させる知恵と熱意には改めて敬服いたしました。
この本は全ての教育に携わる方々に読んで頂きたいと思います。また永久にこの本が残り、先人の築いた礎として将来空手を志す人たちの力になることを望みます。
本当にありがとうございました。」

尊敬する大先輩からの勿体ないお言葉、素直に嬉しい。

コロナが収束したら、またお会いしましょう。

2021012714253773d.jpeg
20210127142554676.jpeg
20210127142610eae.jpeg
202101271426198b5.jpeg
                         
                                  
        
category - 押忍

空手は不要不急なのか?

2021/ 01/ 01
                 
門馬智幸の日常・・・新年の抱負編

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

昨年は、新型コロナに振り回された一年でしたが、今年もコロナが好き放題に暴れる年になりそうです。

放射能も新コロも、私達人間が生活を営む限り、コントロールするのは難しいですが、正しく恐れて活動しなければ、人間らしい生活なんて出来ません。

「withコロナ」なんていう言葉が有りますが、政府の英断がない限り、withコロナはお題目でしかないでしょう。

私は、日頃から「空手は習い事ではなく生き方である」と言っています。なので「空手は不要不急である」とは思いません。空手に救われ、空手で勇気付けられ、空手から生きる力を貰っている人が、私を初め沢山います。
もちろん、「習い事」感覚で道場に通っている人も居るので、そこは万人に理解して貰える筈もありません。

しかし、昨今の何かズレているマスコミや政府の対策…

今年こそは「日常」に戻れるように、門馬道場一丸となって、前向きに生きて未来を開く年に致しましょう。

因みに…

本年、1月20日に、私の本が全国一斉発売されます。
「武道に学ぶ めげない子育て論」
という題名で、何と作家の「大下英治」先生が読まれた上で推薦を頂きました。

是非、ご購読お願い致します。


20210101230339366.jpeg


20210101230737edf.jpeg