FC2ブログ

2019年09月

        
category - 押忍

門馬智幸の日常・・・昔の弟子編

2019/ 09/ 17
                 
門馬智幸の日常


多分、もう35年くらい前になるかな〜。

私は、飛田道場と極真空手と、両方の稽古をしていた時期だと思うが、組手ばかりやっていて昔の弟子は結構キツかった筈。

そんな中で、中学生で入門し、一所懸命に空手を頑張っている子が居た。

その彼は、確か高校卒業まで頑張り、送り出した気がするが、もしかすると私が仕事であまり行けなくなった時期でそれで自然と辞めていったのか…あまり記憶が定かではない。

先日、ある方から「この人知ってますか?」とある空手団体のホームページの写真を見せられたが、「ん?門馬智幸師範に空手のイロハを教わる?…誰?知らないな〜」と言いながら、その彼の名前を見たら、「室根…ん?室根!知ってる知ってる!」

なんとあの中学生で入門し、空手をメッチャ頑張ってた室根君ではないか。
あー、顔も面影がある(^^)

もう50歳位にはなったかな?
とにかく空手を続けてくれている事が一番嬉しい(^^)

連絡の取りようもないけど、もし、ブログやFB
見たら連絡欲しいな〜、久し振りに会いたいな〜(^^)

この記事見た人、もし知ってたら教えて下さい(^^;;



指名手配みたいになってしまいました…
写真出してマズかったかな(^^;;

あまりにも懐かしくて…(^^)
2019091710273943d.jpeg
                         
                                  
        
category - 押忍

門馬智幸の日常・・・須賀川錬成大会(型編)

2019/ 09/ 09
                 
20190909170345e13.jpeg
201909091703568c0.jpeg

門馬智幸の日常

9月5日、須賀川市産業会館に於いて、第9回須賀川道場錬成大会が開催された。

この大会は、門馬道場の須賀川地区だけの内部交流試合であり、同時に、須賀川市の体育協会に加盟しているので、その市民体育祭でもある。

出場人数は約60名。型と両方合わせると述べ120名程の大会であるが、単独道場でこれだけの規模の大会が出来るのは須賀川地区だけである。

これも偏に、師範代である門馬功先生の努力と、道場生や保護者の方々の協力のお陰である。

型試合は、幼年の部で優勝以来7年連続優勝している中学一年の鈴木大河を、誰が8連覇にストップをかけるのか…
ハラハラドキドキの展開だったが、何と小5の小山翔太が二回戦で判定3-2で大河を破った。
このまま翔太が勢いに乗って優勝かと思ったが、何と今迄なかなか大河に勝てなかった、やはり中1の柳沼凛太郎がまたも3-2で破った。
これは、もう凛太郎の優勝かと思った決勝戦、反対ブロックから勝ち上がって来たのは翔太の兄、中1の小山啓介がこれまた3-2で凛太郎を破り優勝。

本当に素晴らしい戦いだった。感動で涙が出た( ; ; )
こいつら、みんな道場で頑張ってるもんな〜、流した汗は嘘をつかない…

まー、必ず努力は報われる訳じゃないけど、あいつら見てると、きっと明るい未来が来るんじゃないかって、心からそう思う。

そんな姿を身近で見れて嬉しく想うし、指導者冥利に尽きる。

そして、組手試合編へと続く…

乞うご期待(^^)
                         
                                  
        
category - 押忍

門馬智幸の日常・・・会津謹教道場編

2019/ 09/ 07
                 
門馬智幸の日常

7月26日、内弟子の鈴木統河初段の運転で、目指すは会津謹教道場。

ここは、空手歴十五年近い橋本典彦一級が指導する道場で、開設から五年六ヶ月が経つ。

19時からの稽古だが、幾らか早目に到着したので、統河と会津の街を少しドライブ。

時間近くになり、稽古場の謹教コミュニティセンターに着くと、橋本典彦一級と、本日二クラス連続で稽古する中学生の優晴が出迎えてくれ、早速二階の稽古場で着替えようと思ったら…
黒帯が無い…頭が真っ白になる( ; ; )

更衣室にある、ヨガマットの黒い留めゴムなどで代用しようかと試みるが、短いしみっともない( ; ; )

「典彦君、帯忘れた。Tシャツない?」
「車にあるから持って来ます。」

持って来たTシャツは…小さくて入らない( ; ; )

困った…
ふと隣を見ると、統河が門馬道場のTシャツ「武ティ」を着てるではないか(^^)

「統河、お前の黒帯貸せ」「押忍?オース…」

ということで事なきを得た(^^)
どこが…(^^;;

統河のTシャツ姿を尻目に、黙想から入る。
今回の訪問は、私が指導するためではない。橋本典彦一級の指導を見るのがメイン。

早速、準備運動から基本稽古までやってもらった。

橋本典彦一級の指導はハキハキしてるし、単純明解に説明や注意を入れるので、非常にわかりやすい。

しかし、道場生の返事や気合いが小さかったり無かったり…。
これは、日頃からの意識付けが足りない何よりの証拠。指導は独り善がりになっては絶対に駄目だし、稽古は厳しく、そして楽しくなくてはならない。
何より、指導する側が楽しくなかったらそれらは全て伝染する。

そんな話をした後、残りの時間は私が型稽古と組手稽古を指導した。一般部は古くからの門下生の一心(高校一年)が頑張ってたし(自転車で30分かかるらしい)、教鞭を執っている女子部の山嵜さんも娘達と頑張っていた。
もちろん、少年部も真剣な目をして私の一挙手一投足を見ていた。その緊張感は私にもビシビシと伝わる程一所懸命だった。

終了後、保護者のお母さん達と居酒屋にて懇親会を開催して頂いたが、みんな本当に門馬道場を理解し、協力をしてくれるお母さん達ばかりで本当に嬉しかった。

お店があっという間に閉店時間になり、えーっ、まだまだ話し足りないと思いながらも(私だけ?)、仕方なく会津を後にした。

また会津行くからね〜(^^)

ノリピー、指導は楽しく、空手って本当に素晴らしい(^^)


20190907152925d96.jpeg

写真は全く関係ありません。私の会社の社員旅行で行った沖縄の写真です。
                         
                                  
        
category - 押忍

門馬智幸師範訪問指導

2019/ 09/ 05
                 
門馬智幸の日常

門馬道場の理念、そして指導方針・技術の統一化を図るためと、加えて私の信念を道場生や保護者の皆様にも伝え、一緒に一体となって、門馬道場の推し進める「武道教育」を普及実現したい。

そんな想いから、今年7月より、約30ヶ所ある福島県内の門馬道場を私門馬智幸が訪問指導しております。題して「門馬智幸師範訪問指導」・・・そのままやん(^^;

指導する先生、そこの生徒達、保護者の皆様など、各道場独自の特色があると思いますので、各々の道場で思ったことなどを随時書いていこうと思います。第一回目は会津謹教道場です。次回のブログに乞うご期待。

                         
                                  
        
category - 押忍

門馬智幸の日常

2019/ 09/ 05
                 
門馬智幸の日常・・・なんじゃそりゃ。

ずっと「思考伝聞」のタイトルで更新してきたブログですが、タイトルにふさわしい思慮深い記事を書こうとすると時間もかかるので気楽に記事も書けず、それでもって全く更新しないよりは、日々日常で感じたことを気楽に書いた方が良いな・・・と思い立ち、タイトルを「思考伝聞 空手師範 門馬智幸の日常」などとダサいタイトルに変更しました。

短いけれども、なるべく多く門馬智幸の日常を書いていこうと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。