FC2ブログ

2009年04月

        
category - 押忍

保護者会

2009/ 04/ 28
                 
 25日の土曜日、夕方より「保護者会役員会」が某焼肉店で開催され、今年度の新役員が決定しました。継続された方も、新規の方も今年一年お世話になりますので、宜しくお願い致します。

 保護者会役員というと、「道場行事の手伝いをする主力メンバー」で面倒臭いっていうイメージがあると思いますが・・・どうでしょうか?

 私は・・・小学校のPTA役員を3年間やり、今でも高校の評議委員をしていますし、その他行政から委嘱され、色々な委員会に顔を出しますが・・・所謂「役好きの話し好き」では断じてありません。私は、空手を通して福島県の各地域の子供たちと直接触れ合え、色んな問題に常に直面している経験を活かした意見、施策を発案出来る立場として参加しています。しかし、中には「役好きの話し好き」の方も現実にはいますし、そういった方や先生、行政担当の方などは、革新的な事はなかなか実行は難しい様です。結果、会議での話し合いは、時には激論もしますが、時間終了10分前には、最も「一般的、慣例的」な話で纏まり、「次回の会議は来月開催します。」って・・・。それで、大方の人は話し合いをしたと言う満足感だけで三々五々帰路に着きます。問題があるから話し合いをしているのに・・・会議室の話し合いで解決する問題なんて、絶対有り得ないのに・・・。
 でも、そういう場に参加しないで、「今の先生は・・・今の親は・・・」って、嫁さんや飲み友達に愚痴っていても何も始まらないので極力参加しています。

 奇麗事を言う訳ではありませんが、そもそも私は、会議に出席した人達にわかって欲しくて活動している訳ではなく、地域の子供達のためにと思って活動している訳で、もし、イジメの現実があって、その子を助けなければならないのなら、直接その子や周囲の方々と話し解決します。決して会議室でみんなと話し合いをして方法論を議論する気などは有りません。既に方法論などは語り尽くされており、後は誰が実行するかなのですから・・・。
 じゃあ、会議なんて参加しても無意味なんじゃない?・・・イヤ、確かに議論そのものにあまり意味を感じた事はありませんが・・・でも、私はイジメた子やイジメられた子と何人も接してきましたが、その子達を助けてあげる時、まず、その子の学校や家庭での現状を把握しなければなりません。次に、その子が自分に心を開いてくれなければ駄目ですし、そして、最も大事なのはその子と真剣に係り合い、最後まで守ってあげる覚悟が必要なのです。つまり・・・我が子ばかりではなく、我が子を取り巻く環境等に、常日頃から目を向け「真剣に係わり合う意識」が必要なのです。普段は関心を示さず、問題が起きた時だけ理屈をこねくり回し、主張したがるのでは、単なるモンスター○○○でしかありません。
 「人生意気に感ず」常に前向きにひたむきな気概があれば、心と心は通じ合い、その触れ合いから行動は起こるものです。

 親は我が子に過度の期待をかけます。「勉強を頑張って良い成績を・・運動会は頑張って一等賞・・ピアノは上手に・・サッカーはレギュラーで・・空手は勝たないと・・」子供達は可哀相じゃないですか?親は頑張っていますか?・・・生活のために働いて、かつ、授業料や月謝を払い、塾や道場の送迎をしているから頑張っている?・・・でも、そこまではどこの親でもしている当たり前の事です。我が子の本当の成長を願うならば、その子の周りを取り巻いている子供達にも目を向けてあげる事が必要です。「向う三軒両隣」・・・昔は地域みんなで一人の子供を誉めたり叱ったりして育ててきました。あなたの子供が凄いのは、決してあなた方だけで育てたからではありません。色んな分野の、様々な人達がいたからこそなのです。

 今は、子供達に目を向けてあげたくても、学校生活に親はなかなか入り込めないし、子供との係わり合いは授業参観や運動会等、機会も少ないでしょう。しかし、道場は普段の稽古や審査会、演武会や大会等、子供達を見守り係わっていく機会が沢山あります。空手着を纏い頑張っている姿は、普段家でわがままを言っている、いつもの我が子とは違う筈。子供は頑張っている姿を親や友達に見ていて欲しいもの・・・私でさえ、大会や審査会では仲間が見ていてくれるだけで、頑張れる度合いが違います。
 道場は、学校教育、家庭教育では補えきれないものを教える、武道教育の場です。暑くても寒くても、痛くても恐くても、辛くても苦しくても、義務教育でもないのに休みなく継続しなければならない。もしあきらめたら、他人より出来る、出来ないじゃなく自分に負けてしまう。だから、歩き続ける。そして、そこで自らの努力で掴んだものを、後から来る人達に惜しみなく与えてあげる。そのためには強さと優しさが両方なければ出来ないと気がつく。それが教育であり成長と言うのではないでしょうか。親は、その辛い稽古や過程を常に見守り、仲間と一緒に歩き続ける手助けをしてあげる事が大切だと思います。もちろん今迄述べてきたように、我が子のみではなく、その子を取り巻く全てを含めてです。

 それが、家庭ではなく、道場で言う保護者会の役割です。つまり保護者会役員とは、「道場行事の手伝いをする主力メンバー」ではなく、「武道教育の手伝いをする主力メンバー」であり、子供達や、指導員、保護者、そしてその地域の全ての方々にとって、かけがえのない唯一無二の先生なのです。

 強いて言えば、我が子の教育、成長を見守り教育する・・・それが面倒臭いと言う人はいないでしょう?今年も笑いながら、時には涙しながら、面白おかしく一緒に頑張りましょう。Oh~!
                         
                                  
        
category - 押忍

村正杯を終えて・・・

2009/ 04/ 21
                 
 静岡県大会、そして、東日本型選手権が終了した。素晴らしい大会であったし、そんな大会に参加出来た事は大変嬉しく、貴重な経験でもあった。大会運営に関わられたスタッフの皆様に、心から「お疲れ様でした」と感謝の意を表わすと同時に、大石最高師範のお気遣いや、芹澤師範、柴田師範、長澤師範の温かい心配りにも、心から感謝致します。
 
 門馬道場の成績は、あまり芳しいものではなかったが、それでも3名の優勝者と3名の準優勝者を含む10名の入賞者。選手、そして応援してくれた、道場生や保護者の皆様、本当に心からお疲れ様でした。大会会場のグランシップを出発したのが午後8時半頃だったため、矢吹到着は午前2時過ぎ。多分郡山方面から来た方達は3時を軽く回ったのでは・・・。当然、次の日は子供は学校、大人は仕事、主婦はもっと早起き・・・疲れたでしょう。でも・・・その日、月曜日は矢吹本部や各道場の稽古日。私も本部に指導に行ったが、来てる来てる・・・大会に出た人はほぼ全員集合。稽古終了後に、道場生や保護者の前で、大会の結果報告と今後の抱負を一人一人語って貰ったが、みんな謙虚で、しかも感謝の言葉を子供であってもしっかり忘れない。「勝って驕らず、負けて腐らず」の精神には本当に目頭が熱くなるくらい感動したが・・・でも・・・やっぱり・・・私は、みんなが休まず稽古に来てくれた事が一番嬉しかった。成績云々よりそこなんだよな・・・大切な事って。ホント、お前らサイコー。

 何処の大会でもそうだが、全てが思う様にいく筈がない。イヤ、人生もそうである様に思うようにいかない事の方が断然多い。今回も、会場や帰りのバスの中で、組手や型の判定に対する質問や反省点等色々とあったが、試合というものはあくまで「審判の眼によって勝敗を決する競技」。そこには審判以外の、こちらの事情は関係ない。まして私達門馬道場の試合出場の意義とは、それらの「経験」を通して、勝敗以外のものを学び取らせる「教育の場」である筈。

 みんなの想いもわかる。組手で確実に入れた上段を取ってもらえない、中段横蹴りを蹴ったら注意をとられたが他の人は使っていた、相手が膝蹴りで倒れ唸っていたのに技有りにならない・・・型で完全に間違っていたのに旗が上がった、違う型をやったのに旗が上がった・・・でも・・・型に関しては、今迄門馬道場が取り組んで来た型とは、基準や着目点が大幅に違うし、仕方が無い事である。要するに競技である以上、上手い人は誰が見ても上手くなければならず、事実、門馬道場で優勝した人もいる訳だから、誰かのせいにせず、今回を良い経験にして、頑張っていく事が大切である。
 最終的に・・・競技は、「組手」においても「型」においても、勝った相手の方が「審判の眼」には、優って見えたという事であり、それが結果であるのだから・・・。

 しかし・・・素晴らしい事に、ある保護者の方が言っていたが、組手や型で負けて子供が泣いている所に、蝶ネクタイの審判の方が来て、「凄かったね。来年はもっと審判技術を上げる様頑張るから、また来てね。」と言ってくれたそうである。また、別な保護者の方々や当道場の指導員にも、会場の審判員や選手、保護者の方々から「本当にみんな上手で判定悩みました。素晴らしかった。」「門馬道場の型は流れがあって大好きです。」「門馬道場の型は凄いから、ビデオに撮ったので勉強します。」・・・等と反響も大きかったそうである。

 実は私のところにも、大石道場の子供達や保護者の方が何人も挨拶に来てくれて、「写真も一緒に撮って頂いて良いですか?」と言ってくれたり、帰り際、緒先生が挨拶に来てくれたりで、大石道場の方達と仲間になれた様で嬉しかった。

 そして・・・何より、大石師範から帰り際会場で、また、帰路のバス中にかかってきたお電話でも言われた言葉・・・それが心に染みて、殊の外嬉しかった。
 「門馬、型の大会はまだ始まったばかりだ。全日本、世界大会に相応しい基準や審判をこれから一  緒に作って行こう。」
 私は、電話を切った後、すぐにこの話をバスの中のみんなにしてあげた。みんな嬉しそうだった。来年も絶対来る、来年は絶対全クラス優勝だ・・・って、無理かもしれないけど、みんなの目からはそんな決意がヒシヒシと感じられた。

 素晴らしい大石道場のお陰で、また一年、最高に盛り上がって行けそうである。
                         
                                  
        
category - 押忍

山本小鉄先生と萩原幸之助先生との出逢い

2009/ 04/ 15
                 
 心理カウンセラーとして、現代の悩める人達の“心”をケアするために、全国を講演して飛び回っている鈴木稔先生。私が、鈴木先生と初めてお会いしてから一年以上が経過しました。その間、先生の講演会が近くで開催されたり、電話でお話したりと、何度かお会いするチャンスはあったにも関わらず、二度目はなかなか叶いませんでした。
 ところが最近、再び郡山で鈴木先生が講演すると聞いたものの、どうしてもその日都合がつかない私は、代わりを菜穂ちゃんに頼みました。そして・・・数週間後、メールのやり取りでの話は思わぬ方向に・・・。鈴木先生からのメールには「山本小鉄先生と萩原幸之助先生と、みんなでお酒飲みませんか?」エッ・・・?何でそのメンバー??山本小鉄先生・・・言わずもがな、新日本プロレスの鬼軍曹、小さい頃から格闘技が好きだった私は、当然の様にプロレスを見てましたし、アントニオ猪木さんの「異種格闘技世界一決定戦」の頃は極真空手を始めていたので、ウイリーウィリアムス戦などは、大興奮で見ていました。当時は、テレビや雑誌の煽りもあったのか、「極真VSプロレス」の全面戦争などと物々しい感じだったと記憶していますが、そのアントニオ猪木さんのボディガード的役割が山本小鉄先生でした。
 で、もう一人・・・何?萩原先生?・・・実は私「DVDでわかる格闘トレーニング 格闘ボディメイキング」という本を一年位前見てまして、その本やDVDを見た時、「なんだ!この人?」と思ったのがサンボの全日本三連覇チャンピオンの萩原先生だったのです。ブリッジや首倒立をしているのですが、「なんだ!この首」・・・ぶっとい・・・。「なんだ!この顔」・・・怖い・・・完全イッテルな・・・絶対勝てない・・・こういう人とは関わりたくナー・・・正直そう思ってました。

 そして、いよいよ飲み会当日・・・夕方六時、続々凄いメンバーが集まって来ました。うわー、向かい側に山本小鉄先生だ、萩原先生は三人隣・・・ホッ・・・安心。「乾杯」そして「自己紹介」、その後雑談。私の隣は『「できません」と云うな』の著者、湯谷昇羊先生。湯谷先生は昔、極真会館で大山総裁から直接空手を習ったそうで、当時のお話を大変楽しく聞かせて頂きました。
 ふっと、向かい側を見ると山本小鉄先生・・・不思議な光景・・・とうとう山本先生と話すチャンス・・・私は山本先生にどうしても聞きたい話がありました。もちろんウイリーVS猪木戦です。ミーハーと思われるのは百も承知・・・思い切って聞いてみました・・・怒られる・・・イヤ、大丈夫・・・とても紳士に答えて頂きました。内容は・・・秘密・・・。その他、色んなお話をして頂きましたが、山本先生は、勉強家、努力家、そして愛妻家で、とても素敵な方でした。

 宴も盛り上がってきた頃、突然、鈴木先生が「席替え」と叫びました。うわっ・・・遠くにいた萩原先生がすぐ近くに来た・・・ヤバイ、構えたら関節を極められる・・・そう思った私は、殺気を消し、作り笑いをする・・・が、顔が引きつっている。探り探り話始めました。最初はもちろん格闘技の話題・・・ところが・・・だんだん、「なんだ!この人」・・・面白い・・・ということですっかり打ち解けてしまいました。そうなったら後は押して知るべし。二次会居酒屋、三次会スナック、四次会蕎麦屋、五次会スナック・・・萩原先生と朝方四時半まで飲んでしまいました。整体まで施して頂き、とても楽しい一時(一時と言うには長すぎたが・・・)でした。是非、福島でコマンドサンボの講習会を実行しましょう。ヴォルクハン先生の話ももっとお聞きしたかったです。
 
 今回の飲み会、全てが楽しかったです。こんな機会を与えてくださった、鈴木先生、本当に有難う御座いました。また、今回話をする機会があまりなかった方々とも、次回は是非語り合いたいと思います。また、飲みましょう。

 それにしても・・・鈴木先生は、熱く人生を語る真面目な方だと思ってましたが、私の見方が甘かった・・・熱くダジャレを語るオモロイおっさんですね・・・。人って、やっぱり見かけによりますね。
 もちろん、今回鈴木先生をますます好きになった事は、言うまでもありません。あしからず・・・。
                         
                                  
        
category - 押忍

大石代悟師範

2009/ 04/ 03
                 
 もう8年前になる。その年の5月、初めて憧れの大石師範に空手の稽古をつけて頂いた。始まる前は、稽古の内容に多少の不安はあったが、前年7月、私は参段の昇段審査の連続組手や型に向け、かなり稽古を積んでいた甲斐があって、その当時でも、組手や型にそこそこの自信があり、ワクワク感の方が不安より大きかった。
 稽古内容は、大会で華麗な上段回し蹴りで4連続KOをした大石師範だから、組手中心でさぞかしハードな内容・・・かと思ったが、初心者が多かった為、回し受けや基本、移動に終始し、最後は型の太極そのⅠで終わったと記憶している。いささか拍子抜けと思われるだろうが、とんでもない。大石師範の準備運動、足が垂直に上がる前蹴上げ、圧巻は横蹴上げ・・・そして妖刀村正、上段回し蹴り。それらの技を呆気にとられて見惚れていた。もちろん稽古中の、非常にわかりやすい説明も大変勉強になったし、稽古終了後の食事会でのダジャレも参考になり、その後は私も引用させて頂き、道場生の前でオヤジギャグとして連発していた。
 ところが・・・最近大石道場のウェブマガジンで当時私が参考にしたダジャレを、大石師範が仰っているではないか・・・これでは、あたかも私のダジャレを大石師範が真似しているように思われる・・・なので、ここで明確にしておくが私のダジャレの元祖は大石師範である。

 そんな訳で、何はともあれ、私は一発で大石師範のファンになったのであるが・・・時は流れて2004年、私は、と言うより私も、再び分裂の波に呑まれ、ホトホト嫌になった私は「極真」の看板を下ろそうと思った。そんな時、前にもブログで書いたと思うが、大石師範から電話を頂き、「門馬辞めるな。お前の空手は紛れも無く極真空手だろ。これからは大石は大石なりの、門馬は門馬なりの極真空手の道を追求すればいいんだ。」・・・この言葉が無かったら、今の門馬道場は存在していなかったと言っても過言ではない。幸運な事に、その後はビデオや書籍などをサイン入りで送って頂いたり、たまに電話を頂いたりと、非常に良い関係を築かせて頂いている。
 ただ、今までは大石師範も私も、派閥間の問題もあり、お互いホームページ等には一切公表しなかったのであるが・・・今年の初め、大石師範から「門馬を私の稽古日記に載せていいか?」と聞かれたので、「押忍」とだけ返答したのだが、内心は大石師範の気遣いに対する感謝と、同時に大変光栄な事で感激してしまった次第である。そして先日・・・大石師範と二人っきりで稽古をつけて頂いた。何時間も話して頂いた。嬉しかった・・・。
 私は、極真の総裁時代の支部長では、岩手の小野寺師範が大好きである。もちろん小野寺師範も私を大好きである(と、思う・・・)。これからは、小野寺師範と、大石師範が大好きだと堂々と言おう。

 まずは、静岡県大会と東日本型大会。門馬道場の真価が問われる大会になろう。頑張らねば・・・。