FC2ブログ

我が子の「頑張り」を見てください。

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 

久々のブログである。
忙しくて書けないと言うより、書く必要性をあまり感じなかったと言った方が正解か・・・。

でも、それで良いと思っている訳でもなく、まー、少しは立場上必要かなーとも思うので、これからは徒然に、思うままに綴っていきたい・・・約束は出来ないが(^^;

今年1月、須賀川の大型ショッピングセンターメガステージ内に門馬道場がオープンした。シャワー・ウエイトルームや何とレストランまで付いた85坪の新築道場で、玄関を入ると広いホールがあり、そこは道場の稽古を見学できるスペースにもなっている。

本来、この見学スペースを設けなければもっと広い稽古場が確保出来るのだが、この見学スペースを設けたのには意味がある。

門馬道場は、全道場で約30ヶ所あるが、そのうち常設道場は8ヶ所もある。そして、その8ヶ所の道場には全て見学室が仕切られて付いている。おそらく門馬道場以外で見学室が仕切られて備えている道場はそうはないと思うが、これは私のこだわりである。

理由は三つ程あるが簡単なことである。
一つ目は、子供は親が見ていれば「頑張る」。単純にそれだけだ。
子供は自分が「頑張っている姿」を親に見ていて欲しいものである。これは実は大人も同じである。
親がいると気が散るなんて言う方もいるが、私はそうは思わない。親の方ばかり見て気が散るのは最初だけで、慣れてくれば稽古に真剣に取り組むようになり、親を見ている余裕などなくなる。
それでも、親が自分の姿を必ず見ていてくれるという安心感からより「頑張れる」し、加えて稽古後、稽古の中で頑張った様子などを帰りの車中で親子で話し合う、または帰っての食卓で親子で話し合う事で益々「頑張る」という過程は教育には欠かせない事だと思う。

二つ目は、何故空手を習うと礼儀が出来るようになったり、心と体が強くなっていくのか、親御さんにも理解して欲しいという事。
道場では、「目標」の設定や「挑戦」無くして成長など有り得ないことを教え、子供たちも少しずつ理解していく。しかし、道場で頑張っても家にいる時間の方が圧倒的に長いので、道場での教えと矛盾することを親の都合で子供に言ったりさせたりしていては子供は混乱するだけである。
武道教育は現代の子供の徳教育には欠かせないと私は思っているが、その武道教育は道場だけでは成り立たず、親御さんの理解があってこそだと言うことを理解して欲しいのである。

三つ目は、親御さんに簡単に「あきらめさせない」こと。
子供達は「目標」を持ち、日々「努力」し、稽古の一環で「試合」に挑戦する。試合は勝負であるから必ず勝敗が付き纏う。
そうすると、当然親心で我が子に勝たせたい、でもなかなか思うような結果が出ない、すると、うちの子は空手に向いてないんじゃないかと親があきらめたり、その悔しい感情で我が子を訳もなく叱ったり、やがて親があきらめて道場を辞めていく・・・これじゃあ子供は頑張れない。
我が子が真剣に稽古している姿を常に見ていれば、その子の日々の「努力」や、本人が一番感じてる「悔しさ」、勝ちたいという「願望」や、それこそ必死で戦っている我が子の「恐怖」とかを理解出来る筈。
叱ったり、子供に向いてないとか言う前に、「自分でやると決めたのだから向いてないとか、辛いとか言わないで、最後まであきらめないで続けなさい」と言えるように応援して欲しい。

このような理由から、門馬道場では「子供は高校を卒業するまでずっと稽古を見守っていてください」と、常に言っている。事実、そういう親御さんの子供はみんな素晴らしい子になっている。
もちろん、家庭によっては、仕事で見学する時間が取れない、帰って下の子のご飯を食べさせる等々、色んな事情や理由もあるでしょう。だからみんなとは言いません。合成の誤謬で、みんなが見学したら入りきらないし・・・(^^;

保護者の皆様、どうか、可能な限りで結構です。見学室で我が子の「頑張り」をずっと見守ってやって下さい。そして道場と一緒に子供たちの「武道教育」に関わっていって欲しいと願います。

▲PageTop

  • 16:40 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

本年もお世話になりました。

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 

昨年同様、今年も忙しく駆け抜けた1年でした。

仕事は順調、道場も順調、家族も健康、長年争ってきた商標裁判も完全勝利。

これ以上の幸せはありませんね(^^)

今年は震災で壊れた自宅を新築し、事務所を増新築し、メガステージ道場も新築と、建物3棟建てたのでとても慌ただしかったです。

その他にもビル1棟を購入し、私の門下生である「小野寺淳」君にそのビルを託し、淳君はベジタブルレストラン「Blue Bee」をオープンさせてくれました。大繁盛の様です(^^)

これら全ては私一人の力では成しえません。

みんなの協力があってのこと・・・みんな本当にありがとうね(^^)

今年も終わりますね・・・良いお年をお迎えください。

来年は、1月12日からホテル華の湯で2泊3日の冬期合宿や、1月27日は、メガステージ道場の落成式典も行われます。

またまた慌ただしい日々が続きますが来年もよろしくお願い致します(^^)

▲PageTop

  • 13:25 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

太氣至誠拳法練士

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 





佐藤嘉道先生直伝、太氣至誠拳法「練士」の許状と、木剣その他を頂きました。
また、「太氣至誠拳法門馬道場」の開設と、今後は弟子に許状を発行するのも許されました。

が…当然、「奥入◯級」迄で、「目録」以上は佐藤嘉道先生の道場にて審査して頂くつもりですけど…「太氣に級や段はねーから、自分で審査やれ」って言われましたけど…(^^;

佐藤嘉道先生の道場で初めて教えを受けたのが平成16年10月4日。「俺は極真の奴には教えたくねーんだ」と言いながらマンツーマンで5時間。

それから平均年2回ペースで通わせて頂き、たまには福島まで泊まりで教えに来て頂いたり、電話で執拗に教えを請うたり、迷惑をかけ続けて14年。

それも今年の春に「許状出来てるぞ。木剣にはまだ書いてないが、いつ来るんだ?」と佐藤先生より言われて早7ヶ月が過ぎてしまった。

早速額装します。

そして、新しい須賀川メガステージ道場にて、太氣拳クラスを開設したいと思います。








iPhoneから送信

▲PageTop

  • 17:12 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

オーストラリア出張

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 



毎年、空手の指導で年に数回、海外に遠征させて頂いておりますが、今回はオーストラリアのキャメロン師範より、60歳の誕生祝いに招待されました。

全福島大会には毎年審判として駆けつけてくれ、今年は選手まで出場させてくれました。

そのご恩に報いない訳にはいきません。

3泊5日の弾丸ツアーに行って参ります(^^;

もちろん、空手の稽古はありません(^^;

なので、のんびりと観光もして帰りたいと思っています(^^)

会社も道場も、その他諸々、留守中宜しくお願いします(^^)



iPhoneから送信

▲PageTop

  • 06:39 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

心の支え

押忍

TB(-) | CO(-) *Edit 



昨年末、空手修行40周年記念式典が終了し、ホッとしたのも束の間、忘年会ラッシュの真っ只5泊7日のロシア遠征、帰るとすぐに名古屋でのクリスマス決戦全日本チャンピオンシップ。またすぐに会社の謝恩忘年会で締め括り、年が明けたと思ったら、仕事仲間が大腸ガンで亡くなったとの一報が( ; ; )

悲しみに暮れながらも1月6日から2泊3日の冬季合宿。新年の挨拶回りも程々に、盟友の第1回となる沖縄県大会。

帰って来てまたすぐに所用で静岡県出張。

這う様に頑張りながら仕事を片付けるが疲れはピーク。そんな中、追い討ちをかける様に1月31日から5泊7日でイタリア遠征。

毎回、海外遠征に行く前は充分に稽古して体重も絞って行くが、今回はロシアから帰国後、忘年会・新年会・大会などの行事が目白押しで稽古もままならなかった事に加え、お酒の飲み過ぎで体が全く絞れず、不安なままイタリアへ(^^;

帰って来たのが6日で、私の56チャイの誕生日(^^;
お陰様で、あちこちで誕生日会を開いて頂いてます(^^;

そんなこんなで早2月(^^;

充実しまくってます(^^;

仕事と空手の両立、大変な事も多いけどこれが自分の生き方。自分が選んだ道。後悔しても失敗しても誰のせいでもない。

仕事で壁にぶち当たった時、空手に救われます。空手があるから踏ん張れる。

空手で壁にぶち当たった時、仕事に救われます。仕事があるから希望がある。

人生で壁にぶち当たった時、自分の生き方を振り返ってみて救われます。この生き方はきっと間違っていない。日々反省しながらも概ね良好(^^;

自分を否定したら、自分を信頼してついて来てくれたみんなを否定する事になるし不安にさせる。だから常に自信を持って前を向いて進んでいます(^^)

泣き事は言わない・・・ように生きたい(^^;

「逃げる選択がある人は苦しい時に空手は重荷になる。絶対に逃げない覚悟がある人は苦しい時に空手が心の支えになる」

今の環境は自分が作ったのに、今の生き方は自分で選んだのに、でも常に自分の不幸や失敗を人のせいにして生きてる人にはわからないだろーな(^^;









iPhoneから送信

▲PageTop

  • 18:18 
  • 押忍】 
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • Edit] 

Menu

プロフィール

TomoyukiMonma

Author:TomoyukiMonma
詳細は 門馬道場HP

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 カウント